NEWS

ABOUT

ダウンタウンフォーリーズとは

前代未聞のミュージカル・レビューとして、
2002年の初演から常に進化し続ける「DOWNTOWN FOLLIES」シリーズが再び、帰ってきます。

シリーズ第11回目になる今回は、
オリジナルメンバーの島田歌穂、北村岳子、平澤智に加え、HIDEBOHが初参戦です。

その内容は、ミュージカルナンバーにスタンダードナンバー、
懐かしいあの曲や最新のR&B、シャンソン、歌謡曲となんでもござれの歌から、バレエにジャズ、タップにヒップホップとあらゆるダンスを取り入れ、
さらにはコントやモノマネ。

そして最新の流行までをも飲み込みながら、
それらをセンス良くゴージャスにお贈りするというダウンタウン・フォーリーズの世界は、他では決して観ることが出来ません。

ミュージカル界で大活躍のキャストだからこそ成し得るこの究極のステージは、観る人を笑いと感動の渦に巻き込まずにはいられないでしょう!

年齢なんて聞かないで、まだまだやります!魅せます!頑張ります!

まさに80年代に一世を風靡したTV番組「今夜は最高!」の舞台版とも言える「ダウンタウン・フォーリーズ」。

新メンバーを迎える第11作目、どうぞご期待ください!

公演実績

《Vol.1》 2002年5月9日〜19日:青山円形劇場
《Vol.2》 2004年3月5日〜18日:青山円形劇場
3月26日:杜のホールはしもと
4月1日:名古屋芸創センター
4月2日〜3日:神戸オリエンタル劇場
《Vol.3》 2005年3月4日:湘南台文化センター
3月5日:焼津市文化センター
3月9日:浜松フォルテホール
3月10日:杜のホールはしもと
3月11〜12日:新神戸オリエンタル劇場
3月15日:玉村町文化センター
3月17日〜18日:札幌教育会館
3月30日〜4月3日:東京アートスフィア
《Vol.4》 2006年4月4日〜16日:青山円形劇場
20日:山梨県民会館
21日:杜のホールはしもと
22日:長泉文化センター
《番外編》 2007年4月7日〜17日:青山円形劇場
《Vol.5》 2008年5月31日:森のホール橋本
6月4日〜10日:北沢タウンホール
6月14日:愛知厚生年金会館
15日:三重県文化会館県
17日:大阪厚生年金芸術ホール
19日:函館市民会館
20日:小樽市民会館
21日旭川市民文化会館
22日:北海道厚生年金会館
《Vol.6》 2009年4月11日〜19日:青山円形劇場
23日〜25日:札幌教育文化会館
27日:杜のホールはしもと
28日:新神戸オリエンタル劇場
29日:浜松市福祉交流センター
5月2日:京都芸術劇場
《Vol.7》 2010年4月4日〜13日:青山円形劇場
16日:知立市文化会館(パティオ池鯉鮒)
17日:京都芸術劇場春秋座
18日:サンケイホールブリーゼ
《Vol.8》 2012年5月12日:杜のホールはしもと
14日〜17日:千葉市民会館、
18日:四街道市文化センター
20日:玉村町文化センター
25日〜27日:渋谷区文化総合センター大和田さくらホール
31日〜6月1日:サンケイホールブリーゼ
3日:筑紫野市文化会館 他
《Vol.9》 2013年6月26日〜30日:シアター1010
《Vol.10》 2015年5月26日〜31日:ルミネtheよしもと

 

SCHEDULE

●よしもと幕張イオンモール劇場

住所:千葉県千葉市美浜区豊砂1-1
イオンモール幕張新都心グランドモール 3F

劇場ホームページ

3月8日(金)
19:00開演
3月9日(土)
13:00開演/17:00開演
3月10日(日)
13:00開演/17:00開演

●ルミネtheよしもと

住所:東京都新宿区新宿3-38-2 7F 
JR新宿駅南口 ルミネ新宿店2 [7F]

劇場ホームページ

3月14日(木)
19:30開演
3月15日(金)
19:30開演
3月16日(土)
19:30開演
3月17日(日)
19:30開演

●COOL JAPAN PARK OSAKA  TTホール

住所:大阪市中央区大阪城3番6号

劇場ホームページ

3月21日(木)
18:30開演
3月22日(金)
14:00開演/18:30開演
3月23日(土)
14:00開演/18:30開演
3月24日(日)
14:00開演

※全公演、開場は開演の30分前です。

主催
吉本興業株式会社
企画・制作
株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー

TICKET

チケット料金

全席指定・税込 8000円
※未就学児入場不可

プレイガイド

チケットよしもと

0570-550-100

Yコード幕張:999090、ルミネ:999050、
TTホール:999211

チケット購入はこちら

チケットぴあ

0570-02-9999

Pコード幕張:491-056、ルミネ:491-055、
TTホール:491-054

チケット購入はこちら

ローソンチケット

0570-000-777

Lコード幕張:32349、ルミネ:32448、
TTホール:53382

チケット購入はこちら

<チケットのご予約・お問合わせ>

チケットよしもと予約問合わせダイヤル 0570-550-100

24時間受付 ※お問合わせは10:00〜19:00

CAST&STAFF

島田歌穂

島田歌穂

'74年、子役デビュー。'82年、ミュージカル「シンデレラ」で初舞台。
'87年、「レ・ミゼラブル」で脚光を浴び、出演回数は1,000回を超えた。

また同作の世界ベストキャストに選ばれ、日本の女優として初めて英国王室主催の御前コンサート('87年)に出演。

更にレコーディングに参加したサウンドトラックがアメリカにてグラミー賞を受賞('90年)するなど国際的にも高い評価を得る。

主な出演作品は、「ロミオとジュリエット」「ウエストサイド・ストーリー」「三文オペラ」など。

女優、歌手として、ミュージカルからストレートプレイ、コンサート、ライブ、CDリリースなど幅広く活躍。
芸術選奨文部大臣新人賞、紀伊國屋演劇賞個人賞、読売演劇大賞優秀女優賞など受賞多数。

現在、大阪芸術大学教授。

北村岳子

北村岳子

劇団四季出身。退団後はミュージカルを中心にTV等でも活躍。
劇団四季在団中は 「コーラスライン」「アプローズ」「キャッツ」などに出演。

退団後の主な舞台として「ロス・タラントス」「ザッツ・ジャパニーズ・ミュージカル」「ジキルとハイド」「マリー・アントワネット」など。

映画「北京的西瓜」(大林宣彦・監督)「ファンシーダンス」(周防正行・監督)「怪談・牡丹灯籠」(山田雅史・監督)等。
TV「日曜洋画劇場・オープニングタイトル」(テレビ朝日)「美しい罠」(フジテレビ)「ママさんバレーでつかまえて」(NHK)
アニメーション吹替え「ポポロクロイス物語」(魔女ギルダ役)。CM「コカコーラ」等。
現在、大阪芸術大学舞台芸術学科准教授。

平澤 智

平澤 智

ジャパンアクションクラブ、TSミュージカルファンデーションを経て、現在ミュージカルを中心に活動。
マルチな才能を活かし、俳優以外にも宝塚歌劇団など多くの舞台やCMで振付・脚本を手掛け、最近ではライブ等の総合演出を務めている。

主な出演作には、舞台『客家』『天翔ける風に』『AKURO』『シャリトーベルサイユ』『渋谷アリス』『スミレ刑事の花咲く事件簿』
TV『100の資格を持つ女』、映画『歌うヒットマン!』など多数。

2013年には、芸能生活30周年記念イベント「HiraFuji+」を上演した。

HIDEBOH

HIDEBOH

映画『座頭市』のタップシーンの振付師。
タップダンサーの両親の元で6歳でタップンダンスを始め、現在は日本のタップダンス界の第一人者として国内はもとより、海外でも数々の実績を持つ。
音楽性の高いリズムタップを現代音楽的に盛り込んだパフォーミング性を高めたオリジナルスタイル「Funk-a-Step」 を考案。
その普及と定着に力を注いでいる。
現在LiBLAZEリーダーとしても活動。
ダンサー、アクター、シンガー、 コレオグラファーとして多方面に活躍している。

髙平哲郎

構成・演出:髙平哲郎

1947年、東京都生まれ。マッキャン・エリクソン博報堂、雑誌「宝島」編集部を経て、1975年に編集プロダクション 「アイランズ」 設立。

以降、「今夜は最高!」「笑っていいとも!」などのテレビ番組の構成、雑誌編集、映画評論、エッセイ執筆のほかショーや舞台、ミュージカルの構成演出、翻訳訳詞を数多く手掛ける。

【音楽監督】島 健

【振付】川崎悦子

【タップ振付】玉野和紀/HIDEBOH

【演奏】ダウンタウン・フォーリーズ管弦楽団